ローヤルゼリー

プラセンタの歴史

プラセンタは、胎盤http://www.lareine.jp/taibann.htmlを意味しています。
その歴史http://www.hdyd.com/rekisi.htmlは古く、古代中国やギリシャ時代から伝わっています。
プラセンタは効果効能が幅広いことから世界中に知られ愛用されてきたという痕跡が残っています。

プラセンタは、昔から貴重な栄養源としても有名であり、かなり重宝されてきました。
日本でもプラセンタの研究は行われており、更年期障害を持つ方への有効成分とされています。
そのため、現在では世界中で更年期障害の治療http://www.beachviewgolfclub.com/kounennki.htmlや改善方法として使用されており、その効果を期待しています。
人間の胎盤が、若返り効果をもたらすので、そのほかの動物でも研究が行われ、行きついたのが馬です。
馬の胎盤も人間並みの効果を発揮したことから、改良を重ねて効果や安全性の向上をはかりました。

胎盤に含有しているプラセンタの有効成分は、人間が持って生まれている物ですが、成長と共にその数はどんどん減少していきます。
しかし、減少していく成長因子を外部から摂取する事で、老いていく体を若返らせることが出来ます。
有効成分を摂取する事により、細胞の動きが活発になり、健康な体を作ることが出来るのです。

プラセンタが美容効果を発揮するという理由も、細胞の活性化にあります。
成長因子を摂取し、肌細胞が活性化すると、肌のターンオーバーの活性化にも繋がるので、肌の細胞の入れ替わりの周期や肌質が良くなります。
それが美容効果に繋がるので、この成分は女性向けという印象が強くなっているのです。

この成分は、昔から伝わっており、胎盤成分が人体に与える影響として研究がおこなわれていました。
現在でも研究が進み、肌に良いスキンケア用品としても改良され、販売が行われているのです。
この様に、歴史上でも医療上でもかなり有効に働く成分となっているプラセンタは今後の研究も期待されています。